2009年12月16日

金品を要求した馬鹿親(モンスターペアレント)

東京都の公立校で「迷惑料」などの名目で現金10万円を校長に要求したという馬鹿親がいたらしい。

指導方法に因縁を付け、最初は通信費名目で1000円を要求。
次第にエスカレートして、10万円を要求したという。

校長が拒否すると、給食費を払わないと宣言したそうだ。

まったく、チンピラの手法ですよね。
こんな馬鹿親は、自治会の役員さんに相談して説得してもらうのも効果がある。

ただし、基本的に考え方が偏向しているので、自治会の役員程度では説得しきれない事も多い。

そんなときは、地域の顔役の出番だ。

しかし、そこまで行くと渋々納得するものの、逆恨みして影でコソコソ妨害するモンスターペアレントもいるんですよね。

しかし、今回は恐喝事件ですから、警察の出番です。
さっさと訴えましょう。

 東京都内の公立小学校で、親が子供に対する学校側の指導に不満を持ち、「迷惑料」などの名目で現金10万円を校長に要求していたことが15日、都教委の調査で分かった。校長は要求を拒否したが、親は給食費の不払いを宣言してトラブルに発展した。理不尽な要求をするモンスターペアレント(問題親)に悩む学校は急増し、校長が鬱病(うつびょう)で休職するケースも出ている。事態を重視した都教委は新たにモンスターペアレントへの対応策を示した手引書を作成し、都内公立学校の全教員に配布することを決めた。
引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/education/336172/


[スポンサードリンク]


posted by たばこ屋のオッサン(隊長) at 04:56 | 馬鹿親たちの事件簿
お子様の教育にお役に立てそうな商品です。
親子で楽しむ教育ソフト scope kids【2−HAN】親子で楽しむ教育ソフト scope ki...
2,625円
3歳〜12歳の子供たちの「一般的な知識・考える力・想像する力」を育成します。

Ads by 電脳卸




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。