2007年08月06日

モンスターペアレントの考え方。

あるサイトの質問コーナーにあった質問です。

詳細はわかりかねますが整理するとこんな感じです↓

子どもが万引きをして、連絡があった。
仕事中だったので、翌日お店に謝りに行った。
子どもには、当日に厳しく叱った。
謝りに行ったら、店の人に怒られた。

なぜ自分が怒られなければいけないのか?
おかしくないですか?

って、質問です。


こんな馬鹿げた質問を、毎日数万人が見るサイトの質問コーナーで質問しているんですね。

子どもが万引きをしたら、保護者が怒られるのは当たり前です。
また、その日は仕事だから謝罪に行けない。翌日謝罪に行く。
というのも、常識はずれです。

この質問者がモンスターペアレントか違うのかは解かりませんが、保護責任がある親が、子どもの不始末を謝罪するのは当然ですし、怒られたのも当然です。

それなのに、「なぜ私が怒られなければいけないのか?おかしくないですか?」って・・・なかば逆切れ状態です。

質問コーナーの回答欄には、「あんたの方がおかしい」って回答ばかりでした。

回答者は常識ある人が多いって事でしょうね。

しかし、モンスターペアレントといわれる人達でも、この質問に関しては、「怒られるのは当然!」「当日仕事を休んでも、謝罪にいく」って人は多いと思います。

モンスターペアレントは、全ての事柄に無知&常識がない!って事ではないんですね。

ある事柄に対して、常識がなかったり無知だったりするわけです。

この質問者は、モンスターペアレントか違うのかは、解かりかねますが、子どもの万引きで自分が怒られるのはおかしいと、質問するくらいですから、モンスターペアレントでしょうね。

学校に対して理不尽な要求ではないが、社会に対して理不尽な要求をしているんですね。文句の対象が変わっただけで、あきらかにモンスターペアレントと言えるでしょう。

オッサンの経験では、こんな親が被害者ぶって「あの店は考え方がおかしい」って風評被害の元を作るんですよね。

しっかり怒ったお店の人に拍手を送りたい。

こんな馬鹿親が学校のみならず社会に進出してきている・・・・
日本の恥べき現状を物語っています。

[スポンサードリンク]


posted by たばこ屋のオッサン(隊長) at 15:38 | モンスターペアレントの実態
お子様の教育にお役に立てそうな商品です。
親子で楽しむ教育ソフト scope kids【2−HAN】親子で楽しむ教育ソフト scope ki...
2,625円
3歳〜12歳の子供たちの「一般的な知識・考える力・想像する力」を育成します。

Ads by 電脳卸




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。