2008年04月18日

こんな親はモンスターペアレントと呼ぶのか?

我々が関わってきたモンスターペアレントの数は、すでに数百人なんですが・・・

「学校に理不尽な要求をする親」という認識は、少し変わってきた。


前回紹介した「過剰優遇ペアレント」も一つの例だけど、今回紹介するのは、新種なのか?それとも・・・



昔から子どもの躾に厳しい親っていたんですが、我が子を思うが故に厳しくなりすぎる親も、周囲の大人や学校関係者から見れば迷惑な存在である事は間違いない。



大体、小学生くらいの子どもは、好奇心旺盛で善悪の区別より好奇心が優先してしまうものである。


それ故に、悪い事や危険な事もやってしまう。

間違いは誰にでもあるのだ。それが子どもなら大人よりも間違いを犯す可能性は高いものだ。

イカンのは、同じ過ちを繰り返す事。

だから、親をはじめ、学校関係者、周囲の大人は、間違いを犯してしまった子どもに対し、「愛情を持って叱る」という事が大切。

子どもは、そこで善悪の判断基準を学ぶのだ。


しかし、子どもの過ちを必要以上に責める親がいたんです。

その母親は、日頃から感情的になって子どもを叱っていたようです。

近所の住民が、心配になるほどに厳しかったようです。


私は、子どもの躾に対して、必要ならば体罰も容認しています。

何でもかんでも、体罰を否定する風潮ですが、体罰は必要です。

言葉の意味がよく理解できない小さな子どもを叱る時は、言葉で説教するよりも、抓ったり、拳骨したりするほうが効果的なんです。


もちろん度合いにもよるのですが、愛情を持って拳骨するなら、やり過ぎって事はないでしょう。


しかし厳しすぎた場合、子どもが愛情を感じられなくなります。


厳しい母親に、怒られた後その小学生は家を飛び出しました。

夜になっても帰ってこない為、結局は捜索願が出されました。

その時は、警察をはじめ、近所の住民、学校関係者、地元の消防団などが、夜通し捜索したのですが見つかりませんでした。

暗闇の中、逃げ回る少年を見つけるのは困難を極めます。

名前を呼んで近づけば、見つかる前に少年は逃げちゃいます。

懐中電灯の光をみれば、隠れてしまいます。



結局、発見されたのは朝方でした。


周囲が明るくなれば簡単に見つけることが可能なんです。


捜索に関わった人たちの顔が、安堵の表情にかわりました。


母親は捜索してくれた人たちにお礼をいいました。

その直後、見つかった子どもに拳骨をして、捜索してくれた人たちにお礼を言うように促しました。


安堵の表情を浮かべていた人たちの顔が、一瞬こわばりました。

拳骨が強烈だったのです。

「また家出するかも?」という不安が頭をよぎりました。

あきらかに「やり過ぎだろう」と感じたのです。


この時は、すかさず消防団の団長さんが母親をなだめていました。



この母親をモンスターと呼ぶのか?

学校に理不尽な要求をしているわけでは無い。

しかし、学校側から見れば難儀な親である。

影響度を考えれば、理不尽な要求以上に困った親である。




我々はその後、事情を知る人に聞いてみた。

やはり日常的に厳しすぎると感じていた大人が多かった。

そこで一計を案じる事になったのだが

そこの親戚と私は知り合いだったから、親戚の人に

「あまり厳しいと、躾の範疇を超えてしまう。子どもが家に居たくないほどの恐怖心を持つと、家出だって考えるでしょう。すると今回のように大勢の人たちに迷惑を掛ける事にもなるので、子育ての先輩としてアドバイスしてもらえないだろうか?」

と相談をした。


快く引き受けてくれたから、よかったですよ。


その後、しばらくは

「まだ厳しいようです」という報告を受けたが、徐々に改善されて最近は「厳しすぎる」という報告は聞かなくなった。

解決したとは思わないが、その後家出騒動が起きなかったので、再発防止にはなったと思う。


子育てって難しいですね。

今回の親をモンスターペアレントとは思わないが、学校関係者から見れば難儀な親であることは間違いない。



ちなみに、その子の担任と学年担当の先生は、捜索してくれた警察や消防団、周辺の住民の人たちにキチンとお礼を言って帰ったよ。

シッカリした担任だと我々は安心したね。


しかし


学校の校長と教頭は、生徒が見つかった時点で、何も言わずに帰ったそうです。

朝から、学校に行かなければイカンので、すぐにでも帰りたい気持ちは解からんでもないが、それは捜索に参加した人たちも同じ事だ。

キチンとお礼をいった担任・学年担当の先生は、シッカリしてると思ったけど、上司である校長・教頭はダメだなあ〜と思いました。

[スポンサードリンク]


posted by たばこ屋のオッサン(隊長) at 14:14 | 新種のモンスターペアレント
お子様の教育にお役に立てそうな商品です。
親子で楽しむ教育ソフト scope kids【2−HAN】親子で楽しむ教育ソフト scope ki...
2,625円
3歳〜12歳の子供たちの「一般的な知識・考える力・想像する力」を育成します。

Ads by 電脳卸




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。