2007年10月28日

ゆとり教育とモンスターペアレント

中央教育審議会がまとめた中間報告には、現行の指導要領による「ゆとり教育」が行き詰まった原因を分析し、「授業時間を減らしすぎた」などの反省点を挙げたそうです。

確かに、ゆとり教育は、社会性に欠しい若者を増やしてしまった。

ゆとり教育は、間違いだったんだろうか?

結果を見れば、間違っていたと言わざるを得ないと思う。


社会性に欠ける若者を、社会に送り出す。

苦しみもがくのは、明白だった。

ある意味、惨いことだ。


しかし、間違っていたのは、ゆとり教育というネーミングじゃないか。

「ゆとり」という言葉を重要視しすぎて、甘い教育にしてしまった。


しかし昔の、知識を詰め込むだけの「詰め込み教育」が正しいとも思えないんですよ。

テストでいい点数を取れるけど、社会性・応用力という点では正しかったとは言えない。

詰め込み教育世代の若者もまた、マニュアル化された作業は上手にこなすが、ケースバイケースの対応が求められた場合は、どうだろう?

オッサンが、昔経営者だった頃、

「何で出来ないんだ」

「習っていません」

って会話が、上司と部下の間で交わされていた。

上司は、対応しきれずにその上司に相談する。

その上司は、

「なんでそれくらいの教育が出来ないんだ」

相談したほうは、

「教育の仕方を習っていません」

延々と不毛な連鎖が繰り返される。


誰かが、臨機応変に対応すれば、不毛な連鎖は止められるのに・・・。


詰め込み教育世代は、基本的にこんな感じだった。

ゆとり教育とは、詰め込むだけの教育から、本当に学びたい事を学べる教育に変換しようという教育改革だったはずだ。

時間的な余裕をつくり、家族のあり方や社会のあり方を学び、本当に学びたい事を学べるようにするのが目的だったんじゃないのか?

余裕の時間を作るだけで、出来た時間をどう活用するのか指導できなかった現場の責任だと思うんですよ。

子ども達が、ゆとりの時間を利用して、何を学べばよかったのか?

ある程度、明確な指針を示してやる必要があったんじゃないのか?

当初の目的どおり、ゆとり教育で出来た時間を「生きる力」を身に付ける授業に当てていたら、違った結果になったと思うのです。

単純に、授業時間を減らしただけの、「ゆとり教育」では良い結果が得られないのは、最初からわかっていたはずだ。

また、基礎学力や学習意欲の個人差は、ゆとり教育の目的ではなかったんだから低下するだろう。


中央教育審議会は、今回の反省をどう活かすのだろう。

また、むかしの詰め込み教育に戻すのか、それとも「ゆとり教育」の本来の意味を重視して、ネーミングおよび教育方法を改善する形で改革するのか?


基礎学力は、生きる為に必要な力なんだから、低下させてはイカンだろうが・・・


子ども達を、どう育てるべきなのか?

明確な目標を掲げて、検討しないと同じ結果になるだろう。

勉強の出来る子を、沢山育てたいのなら、詰め込み教育でもいいだろうし、生きるための力を持った子どもを育てたいのなら、従来の教育方法ではイカンだろう。

[スポンサードリンク]


posted by たばこ屋のオッサン(隊長) at 14:24 | 素人の教育論

2007年10月19日

テレビを見ていて・・・

「大田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」って番組を見ていたんですが、あの弘道お兄さん(教員免許を持ってる)が、
「教師は10年以上の社会経験が無いと採用しない」というマニフェストを提案して、議論していたんですね。

バラエティっぽい番組だと思っていたんですが、民主党議員の原口議員とか、自民党からヤンキー先生・義家議員、現役教師や現役中学生が、議論していました。


教師の社会性に問題を感じていたオッサンは、
「ん〜ん、良い事かも知れん」と単純に考えたのだが・・・

ヤンキー先生・義家参議院議員の言葉も、印象に残ったのだが・・・
「新卒の先生を採用しないと、10年間先生が減り続け先生が足りなくなる、先生になりたい人が減って、教師の質が低下する」って内容で、「確かにそうだな」と思った。

しかし、ヤンキー先生の言葉より重みを感じた意見は、現役中学生の口から発せられた。

「先生は、勉強以外にも道徳を教えないといけないから、ある程度の社会性が求められる。10年は大げさだけど、社会経験は必要だ」という内容だった。
この中学生の男の子の意見に周りの大人(出演者)は苦笑い。
中学生の意見の方が大人の意見なんだもんな、笑ってごまかすしかないか。
赤井英和さんは、握手を求めたりしてたよ。

その後、オッサンにとって衝撃的な意見が、中学生の女の子から発せられた。
「10年社会経験を積んだ人だけが採用されたら、34歳くらいから先生になるので、34歳以上の先生ばっかで暑苦しいんですよ〜」

大田光は「34歳以上の先生じゃいけないのかよ」って突っ込んでました。他の出演者も子どもの意見だな〜って笑い飛ばしていたが・・・

オッサンは、ハッ!としたんですよ。

彼女は、ボキャブラリー不足で暑苦しいと表現したんだと思うが、実際に34歳以上の先生ばかりの教育現場を想像してみよう。

タダでさえ社会性が不足していて、偏った考え方をする教師が多い現状で、年齢的に34歳以上の教師ばかりでは、ますます偏ってしまうのではないか!!

社会性を求めるあまり、年齢的なバランスが崩れてしまう。
教育現場は、生徒(ローティーン)と、22歳以上の先生で構成されている、中学3年生だと15歳、新任の教師は若くても22〜23歳だろう。最低でも8歳くらいの年齢差がある。

中間の世代が存在しないのも、好ましくないのではないか?
もし、10年の社会経験を積む必要が生じてきたら、その差は10年広がるわけだ。ますます好ましくない。

年齢差があると、伝えたい事が伝わりにくくなる。
社会ではそんな時、中間の世代が間に入って伝えるか、長老格の極めて人生経験豊富な人物が仲介して伝えるが、教育現場では中間の世代がおらず、長老格のベテランは定年退職しているだろう。
先生が伝えるべき事が、まったく伝わらなくなる可能性が大きくなる。逆の場合も、伝わらない。

オッサンは、「教師は10年以上の社会経験が無いと採用しない」という意見に賛成だと思ったが、間違いだった事に気がついた。

ん〜中学生に教えられた気分だよ・・・

国会議員の代議士の言葉より、中学生の言葉に重みを感じてしまった。

彼女は、そこまで深い意味で発した言葉ではなかったのだろうと思う・・・(思いたい)。
しかし、この議論の核心といえる意見だと思った。


たしかに、若い先生は経験不足で頼りないかも知れないが、そこは経験豊富なベテラン先生がフォローするようにすればいいのかも知れない。(民間の会社ではほとんどがそうしてる)

教育現場でも、組織である以上そのような協力体制は必要だろう。


しかし・・・不満が残った。

大田光や国会議員の代議士も数人いたけど、彼女の意見を呆れ面で笑い飛ばしていたことだ。

たしかに、単純に彼女の言葉を受ければ、子どもっぽい意見だと思う人は多かったのではないかと思う。
しかし・・・子どもっぽいと感じても、一応考えてみれば、10年間の社会経験を積んだ教員だけなら、年齢的に非常に偏ったバランスの悪い組織が出来上がるであろう事は、容易に想像できる。

オッサンは、バラエティー番組だと思ってみていた部分がある事と、中学生に教えられたような気がして反省している。

出演者(特に議員のみなさん)は、笑ってる場合でなく、ちゃんと想像してみるべきだったのではないか?と思うのです。

[スポンサードリンク]


posted by たばこ屋のオッサン(隊長) at 22:47 | 素人の教育論
お子様の教育にお役に立てそうな商品です。
親子で楽しむ教育ソフト scope kids【2−HAN】親子で楽しむ教育ソフト scope ki...
2,625円
3歳〜12歳の子供たちの「一般的な知識・考える力・想像する力」を育成します。

Ads by 電脳卸




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。